【最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで】千代が拾ったヒモ男の正体

『最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで』は、うめこっぺ先生(サークル名・梅ねぎ大明神)による、お人好しな主人公がある力を持ったヒモ男に溺愛されちゃうTL漫画です。

暴力的なほどの性描写が大人気で、万越えのダウンロード数を誇る作品を数々生み出す作家・うめこっぺ先生による今作を、

  • 『最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで』のあらすじ
  • 『最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで』の登場人物
  • 『最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで』のネタバレ

以上を中心にご紹介しましょう。

最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまでのあらすじ

最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで表紙

引用元:最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで

困っている人を放っておけないお人好しな千代は、動物に対しても同じで捨てられらた動物を拾っては面倒を見ていました。

そんなある日、道端でボロボロになっている男性を見つけた千代は、自宅に招き入れて介抱することにします。

行く当てのない蓮とずるずると同居生活を続けていくうちに身体の関係を持ってしまったふたりですが、ある日、千代の前に連のお目付け役という女性が現れ連と別れるよう言われるのでした。

蓮の正体とは、別れるよう指示されたふたりはどんな選択をするのでしょうか。

最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまでの登場人物

ここからは『最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで』のメインとなる登場人物についてご紹介しましょう。

千代のプロフィール

連とデート中の千代

引用元:最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで

  • 名前:伊藤千代(いとうちよ)
  • 性格:お人好しで世話焼き

世話を焼くのが好きで、これまでに様々な動物を拾っては面倒を見ていたのですが、何でも拾っていたら悪霊までも拾ってしまう体質になります。

周りからは心配されていますが、意外と芯が強くて自分の意見ははっきり言えるようです。

蓮に激しく抱かれた翌日でも朝から活発に動けることから、体力もそこそこあるのでしょう。

蓮のプロフィール

朝から千代をからかう蓮

引用元:最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで

  • 名前:桐生院蓮(きりゅういんれん)
  • 性格:天性のヒモ気質

行きずりの女性の家へ転がり込んではギャンブルに明け暮れると言うヒモ気質ですが、強運のため負けたことはなく、たまに生活費として大金を渡すことがあるようです。

最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまでのネタバレ

千代が拾ってしまった蓮の正体とは一体何なのか、そしてそれを知ってしまった千代に降りかかる試練についてネタバレをしていきましょう。

蓮の正体

千代の家に転がり込んでニートとして過ごしていた連ですが、実は歴史ある祓い屋の一族の跡取りで歴代随一の才能を持っており、連はその強すぎる力ゆえに、恐怖や妬みなどの負の感情を向けられることが多く、一族と上手くいかずに家を出ることにしたのです。

千代を抱いていたのは彼女に憑いた悪霊を払うためだったのでした。

(抱かなくても払えますが、千代は悪霊に好かれやすく大量についていたため、抱く方が手っ取り早く払えるようです。)

千代に忍び寄る怪しい影

千代が連の正体を知ることとなったのは、桐生院家からやってきた連のお目付け役という女性と対峙したことがきっかけで、千代に余計な心配をかけないために、連は悪霊や自分自身のことを黙っていたのですが、その女性は何も知らないということは千代のことも遊びだと侮辱します。

連は千代みたいな平凡な人間と一緒にいるべき方ではないと言い放ち、連から離れるよう迫る女性に、千代は「自分たちのことは自分たちで決める」と言い返し女性には屈しません。

お目付け役の女性は強気な千代に格の違いを味わわせるため、千代へ桐生院家の呪いをかけるのでした。

蓮の気持ちを確認するために千代が望んだことは

桐生院家の呪いに襲われてしまう千代ですが、連の手によってその呪いも払われ、連の家のことを聞き不安になっていた千代へ、一緒にいたいからいるだけだと連は千代への想いを告げます。

ふたりの想いが通じ合い喜ぶ千代ですが、連がいつも遠慮がちに自分を抱いていることが気になっていたため、今日は好きにして欲しいとお願いするのでした。

遠慮をなくした連は、イキ過ぎておかしくなっていく千代の制止の声を無視して抱き潰すのです。

その後、連は桐生院家に乗り込んで千代に近づかないよう暴れると、ふたりはいつもの平和な日々に戻るのでした。

遠慮をなくした蓮の暴力的な性行為

遠慮を無くした蓮に抱き潰される千代

引用元:最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで

今作の見どころの一つが、うめこっぺ先生らしい過激な性描写です。

正体がバレるまでは、千代を感じさせることを第一に考えた優しいセックスをする蓮ですが、千代は蓮がどこか遠慮しているのではと気づいていました。

心を通わせたことで、その遠慮をなくしてほしいと願うの千代ですが、その後、とんでもないことを言ってしまったと後悔することになります。

ずっと一緒だと約束してしまったためコンドームをつけずに挿入すると、いつもの優しい腰つきとは違い、胸の先をぐりぐりと摘まみながらまるでえぐるように下から突き上げるのです。

蓮の激しいピストンでぐったりしてしまう千代ですが、蓮の欲情は治まることを知らず、逃げようとする千代を捕まえると再び強引に挿入し、千代をまるでオナホのように扱うのでした。

激しすぎるあまり、千代はやめて欲しいと許しを請うのですが、蓮はその怯える目にさらに欲望を掻き立てられ、興奮のあまり鼻血を流してしまいます。

そこから再び蓮の好きなように抱かれ続けた千代は、タイトル通り抱き潰されてしまうのでした。

最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまでのまとめ

大人気TL漫画作家のうめこっぺ先生による、呪いによって愛を深める男女を描いた『最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで』は一巻完結となっています。

  • 千代が拾ったヒモ男の正体は日本随一の祓い屋の跡取りだった
  • 蓮を千代を引き裂くために桐生院家の刺客が千代に呪いをかける
  • いつもは除霊のために優しく抱く蓮が、本当は壊したかったと本能のままに乱暴に千代を抱く過激な性描写

うめこっぺ先生らしい重くてちょっと歪んだ愛にゾクゾクしちゃう一冊だったので、TL漫画好きはもちろん、うめこっぺ先生の作品が好きな方におすすめの作品です。

最強ヒモクズ祓い屋蓮くんに抱き潰されるまで表紙
最新情報をチェックしよう!