【dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~】家族だと思っていた竜人族の双子に犯される最強魔女の結末とは

『dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~』は、鬼遍かっつぇ先生(サークル・Mauve)による異世界転生を舞台にしたTL漫画です。

今作を、

  • 『dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~』のあらすじ
  • 『dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~』の登場人物
  • 『dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~』のネタバレ・結末

以上を中心にご紹介しましょう。

dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~のあらすじ

dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~の表紙

引用元:dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~

事故に遭い前世で遊んでいたゲームの悪役・ジェーンドゥの魔女に転生してしまったひまりは、魔女が一人で死ぬことを知っていたため「また一人で死ぬなんて嫌だ」と思い、幼い双子の竜人族の奴隷・セオドアとテオを買い最期を看取ってもらうことにします。

双子もすくすくと成長し、三人は家族として幸せな時間を過ごしますが、魔女は自分が死んでしまうこと、その時は二人に看取ってもらいたいということを言えず隠してきました。

魔女が何か隠し事をしているということは双子も気づいており、家族なのに隠し事をする魔女に苛立ち始めた双子は魔女へ催眠をかけてその身体を好き勝手し始めるのです。

dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~の登場人物

ここからは『dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~』のメインとなる登場人物についてご紹介しましょう。

ジェーンドゥの魔女のプロフィール

セオドアとテオに朝の挨拶をする魔女

引用元:dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~

  • 名前:ジェーンドゥの魔女(ジェーンドゥとは名無しという意味)前世の名前はひまり
  • 年齢:推定25歳
  • 性格:面倒見が良い

お人好しで自己主張することが苦手、何かあっても自分が絶えればいいと思ってしまうためゲームの悪役に転生しても物語を変えようと積極的に動くわけではなく、どうせ死ぬなら誰かに看取ってもらいたいと思い竜人族の双子を買い取り、前世や今世の結末は隠しています。

ジェーンドゥの魔女としては、名家の出身でその力はとても強く、王室直属の魔法騎士の婚約者がいますが、実はこの婚約者に殺されてしまうので家を出て双子と暮らすのでした。

セオドアのプロフィール

魔女に隠し事をされて苛立つセオドア

引用元:dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~

  • 名前:セオドア
  • 年齢:17歳
  • 性格:プライドが高く根に持つタイプ

テオの双子の兄、竜人族でありながら魔法が使えるようで、身分は奴隷ですが学校では主席になるほど頭が良く、魔女が隠し事をしていることに気づいたときは催眠魔法で無理矢理喋らせようとします。

あまり他社と関わり合うことをせず、学校でも友人はいないようです。

テオのプロフィール

魔女へ催眠をかけるセオドアを手伝うテオ

引用元:dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~

  • 名前:テオ
  • 年齢:17歳
  • 性格:天真爛漫だがプライドは高い

セオドアの双子の弟、セオドアとは真逆のタイプで頭は悪く魔法は使えませんが、竜人族二人分のパワーがあり、人懐っこくて学校では人気者のようです。

自由な発想がセオドアにウケることもありますが、それ以上に機嫌を損ねることもやらかしてしまうので魔法で地味な嫌がらせで仕返しされています。

dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~のネタバレ・結末

セオドアとテオにめちゃくちゃにされて意識が遠のく魔女

引用元:dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~

魔女の隠し事が気になって仕方ないセオドアはテオと一緒に魔女を催眠にかけ、快楽でおかしくなっている間に秘密を聞き出そうと企みます。

セオドアの企み通りに魔女は真実を話してしまうのか、そして魔女に忍び寄る怪しい男に双子はどうするのか、三人が迎える結末をネタバレを交えてご紹介しましょう。

快楽のあまり秘密を話してしまう魔女

魔女の隠し事を暴くセオドアとテオ

引用元:dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~

奴隷の双子を家族だと言ってくれる魔女ですが、家族なのに隠し事をする魔女にセオドアは苛立ちを見せ始めます。

そこで、催眠魔法を使って魔女を犯すことで快楽のあまり口を滑らせないかと企むのでした。

二人掛かりで濃厚な愛撫をされ、魔女が秘部をトロトロにしてしまうと、テオは「あまり激しくし過ぎると催眠が解ける」というセオドアの声を無視して子宮が潰れてしまうほどの暴力的なピストンで魔女の膣内を犯します。

本能のままに腰を打ち付けるテオですが、一方セオドアは冷静な表情で魔女が自ら腰を振り続けるように催眠を掛け、魔女を快楽堕ちさせてしまうのです。

双子の精液をたっぷりと注がれて意識を失った魔女へ、セオドアは何を隠しているのか問うと、ノイズ交じりに知らない言葉が吐き出されますが、双子が聞き取れたのは魔女の本名がひまりということと、双子に最期を看取って欲しいということだけでした。

突然現れた魔女の婚約者

オーウェンの魔法で自由を奪われる魔女

引用元:dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~

セオドアとテオが自分へしたことに気づいた魔女は、双子が学校から帰ってきたら自分のことについてきちんと話すと決意します。

しかし、そこへ魔女を殺すとされている婚約者のオーウェンが訪れるのです。

オーウェンと距離を取る魔女ですが、双子たちとどんな生活をしているのか尋問するため、オーウェンは魔女へ身体の自由を奪う魔法を掛けるのでした。

嫌な予感がしたセオドアがテオと共に家に戻ると、魔女がオーウェンに犯されるのを寸前で止めることが出来たのですが、自分へ歯向かってくる双子をオーウェンは魔法で攻撃します。

大切な双子を傷つけられ怒りの感情が爆発した魔女は、ありったけの魔力を使い、自分の身と双子をオーウェンの前から消し去るのでした。

魔女を助けるために魔力を注ぎ続ける双子

空っぽの魔女に魔力を注ぐため丁寧にキスをするセオドア

引用元:dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~

見知らぬ森の中で目が覚めたセオドアとテオは、瀕死状態で横たわる魔女を見つけます。

魔女を助けるために主従関係逆転の魔法を使ったセオドアですが、魔力が足りないのと、魔女の本名を半分しか知らなかったため、魔女は目覚めるも中身は空っぽの人形のようでした。

双子は魔女へ魔力を供給すべく、依然していたように身体を重ねることにします。

魔女は自分たちのためを想って秘密にしていたのに、魔女を信じ切ることが出来ずに無理矢理暴こうとした自分たちを後悔し、以前の様に魔女の身体を好き勝手するのではなく、魔女への想いを溢れさせるように双子は二本の肉棒で魔女の身体に魔力を注ぎ続けるのでした。

魔女に元に戻って欲しい一心で、昼夜問わず身体を抱き続けて数日が経ったある日、自分たちを呼ぶ声に双子が目を覚ますと、魔女が涙を流して二人を覗き込んでいたのです。

セオドアとテオは謝る魔女を抱きしめると、「魔女が目を覚ましたならもうそれでいい」と告げ、涙を流してずっと一緒にいることを約束するのでした。

dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~のまとめ

鬼遍かっつぇ先生(サークル・Mauve)による、『dog eat dog era~竜人族奴隷の双子と催眠交尾~』は後編の『dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~』と合わせて二巻で完結となっています。

 

今作のポイント
  • 魔女と、奴隷として売られていた竜人族の双子が試練を乗り越えて絆を深める物語
  • プライドの高い竜人族の双子が魔女を失いかけたことで本当に大切なものに気づく
  • 前編と後編での魔女を抱く双子の違い

前編は双子の魔女のことを知りたい、抱きたいという欲が前面に描かれているのですが、後編は表情や言葉の端々に魔女のことが大切で仕方ないって双子の想いが滲み出ています。

魔女と竜人族の双子による3Pの性描写の濃厚さもさることながら、基本となる三人の絆の物語がしっかりと構成されていて、最後には読んでいるこちらもうるっとしてしまいました。

エッチだけでなく物語も重視される方におすすめの一冊です。

dog eat dog era~許婚の魔法騎士と催眠尋問~の表紙
最新情報をチェックしよう!